お金が必要な人に。キャッシングには審査があります。

お金が必要で初めてキャッシングを利用する人にぜひ知っておいてほしいことがあります。

 

キャッシングに申し込みを行うと必ず審査が行われます。
(審査が行われない所は悪徳業者の可能性もありますので利用しない方がよいでしょう。)
基本的に20歳以上で働いており、今後も継続して収入を得る見込みのある人であれば審査に通るでしょう。

 

審査内容はどこも公表していませんが、下記の場合には審査に通らない可能性があります。

 

お金が必要な人の審査

  • 過去に6か月程度融資の返済に遅れたことがある人
  •  

  • 6か月の間にいくつもキャッシングに申し込んで全て断られた人
  •  

  • 消費者金融に申し込む場合、既に年収の1/3以上の借り入れがある
  •  

  • 債務整理をしてすぐの人(5〜10年経っていれば問題無し)

 

 

お金が必要で審査を通りやすい人

 

更には現在の勤務先の勤続年数が長い人持ち家で固定電話と携帯電話の両方を保有している人などが審査に通る可能性が高くなります。
更には職業について公務員が最も安定しているとみなされ、自営業の人は安定感がないようにみられる傾向にあるようです。
(自営業の人が審査に通らないというわけではありません)

 

キャッシングに申し込んで万が一審査に落ちてしまっても理由は教えてくれないと言われていますが、思い当たることがない場合は一度問い合わせてもいいと思います。

お金が必要な人が利用する貸金業者の選びは重要

お金が必要なときはどうする?

お金が必要な人が初めてキャッシングを利用する際の貸金業者選びは重要です。

 

貸金業者には様々な種類がありますが、基本的に20歳以上で働いている人であればどの貸金業者でも利用できるでしょう。

 

しかし現在働いている人でも過去に金融事故(債務の返済に大幅に遅れた、一度に多くのキャッシングに申し込んで全て断られたなど)があった人はできるだけ審査の甘い消費者金融に申し込むことが望ましいです。

 

更には現在働いている人でも既に年収の1/3以上の借り入れがある人は2010年から施行されている総量規制という法律により消費者金融でこれ以上の借り入れができないと決められているため銀行に申し込む必要があります。

 

 

お金が必要でも無職は借りられない

一方で専業主婦の人や無職の人がキャッシングを利用する際には利用できる貸金業者の数も少なくなります
専業主婦の人は旦那さんの同意があれば一部の消費者金融でも利用できます。
しかし無職の人や旦那さんに内緒で借りたい専業主婦の人は銀行に申し込んだ方がよいでしょう。

 

借りることができる上限金額は少ないですが、申し込む時間によってはその日中に借りることも可能です。
インターネットでこのような所を調べることができますので気になる人は一度検索してみてください。